日本の数学

雪月花の数学

「黄金比」に対し、「白銀比」という言葉はあまり知られていません。
「白銀比」は「日本の黄金比」とも呼ばれ√2=1.414…で現わされる、古建築から生活用具までいたるところに使われている神秘的な数字。
いわば日本の美と日本人の心を解読するキー・ナンバーなのです。

日本人の心性に切り離せない「数字と形」と言える√2と正方形で表わされる白銀比は、静謐に閉じています。
西洋の「華美」もしくは「自然の支配」に対し、日本の「質素」「自然との共存」が数式からも浮かび上がってきます。
既存の類書とは一線を画した、ユニークな「数学で解く日本文化」論。





東海道五十三次で数学しよう

弥次さん喜多さんとパズル的な問題を解きながら、東海道を楽しく旅します。
さらに、世界に誇る和算を、問題を実際に解いて生き生き体験、東海道五十三次パズル―弥次・喜多“数学”珍道中!
奇人・変人の和算家逸話をそろえたすばらしい日本の数学、和算探訪の旅。



タグ: 数学書 和算
posted by 黒和算 at 22:11 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私の知人で高校の数学の先生が「和算」の研究というか、高校数学(受験数学)とは違った興味・関心を持っている方がいます。
 こちらは、「関孝和」くらいの名前しか知りませんが、資料も貰いました。
 その方から新田次郎氏に、和算に関する小説があると聞きました。図書館などで探していますが、まだ読むことが出来ません。
 
Posted by おやじのつぶやき at 2009年05月30日 07:17
和算についての大変めずらしい本をご紹介していただきありがとうございました。カナダの生徒から初めて教えられた世界ですが日本文化の知られざる一面に触れたおもいでした。早速、アマゾンで注文して読みたいとおもっております。
Posted by カナダのばーば at 2009年06月02日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。